SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ありがとう生体院 Blog de column

目からウロコの健康法、
安心で美味しい食材情報、
人と環境にやさしい日用品の紹介、
子どもから学んだことなど、
お知らせしていきます。
<< 消えた段ボールハウスの行方 | main | そしゃくの時間 >>
ソウイチロー
イキナリ、新車を買うことになった。

今乗っているソウイチロー(車につけている名前)、
ずいぶん頑張ってくれていて、
次の車検を通すのが大変そうなのだ。

軽自動車だというのに、7年間で13万キロ。

8万キロくらいで手放すのがフツー。
と聞いてビックリ。

アスミが生まれた年に買ったソウイチロー。
結婚して初めての大きな買い物だったソウイチロー。

家族を乗せてどこまでも走ってくれた。
長崎の実家へ帰省したこともあった。

夫婦ケンカして、ヤケになって夜道をぶっ飛ばした時は、
そのままホテル代わりになってくれた。

イライラして発進しようとして、ガツンっとぶつけた時は、
ハッと正気に戻させてくれた。

高速道路手前で急に動かなくなったこともあった。
高速に乗った後だったら大変だった。

台風の夜の高速道路で、金属の破片が飛んできた時はヤバかった。

でも、フロントガラス手前でスッと車体の下に消えた。
振り返ったら、カランカランと転がっていくのが見えた。
数センチ違ってたら、マジヤバかった。

とにかくこの7年間、ずっと家族と共にあった
大切なパートナー、ソウイチロー。

彼とお別れする日が来るなんて、思ってもみなかった。
車が消耗品だなんて、思ったことなかった。

できれば、大きな庭の真ん中に、
ジャングルジムみたいに置いておきたい。

車としての役目を終わっても、
子どもたちと楽しく遊ぶ余生を楽しんで欲しい。

私にとってソウイチローは、ただの金属の塊じゃない。

私の感情を黙って受けとめて、
時には体を張って守ってくれた。

心を持った大切な友達。

ソウイチロー、今までありがとう。
無茶してぶつけてごめんね。
お金かかるからって、直してあげないまんまでごめんね。
許してね。

大好き。ソウイチロー。
ずっとずっと、忘れないよ。

ボディがなくなっても、物体としてなくなっても、
心はいつもそばにいるよ。

あとちょっとしか一緒にいられないけど、
いっぱい楽しい思い出つくろうね。
| - | 03:11 | - | - | - | - |