SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ありがとう生体院 Blog de column

目からウロコの健康法、
安心で美味しい食材情報、
人と環境にやさしい日用品の紹介、
子どもから学んだことなど、
お知らせしていきます。
<< 急性腸炎 | main | いつか、しむの? >>
【14日午後】小原さんの豚肉が届きます。
私がイチオシの豚肉。
それは、愛知県の小原さんがつくる「渥美マーブルポーク」だ。

初めて食べたのは3年前。
「本物の食を知るイベント〜みかん狩り&バーベキュー大会!」
でのこと。

1頭丸ごとを、グルングルン豪快に焼いて、
塩と胡椒をふっただけで頂いたのだが、

一口食べた瞬間、

なんだ!この肉は!
と、衝撃を受けてしまった。

今まで食べていたのは何だったんだと思うほど、
肉がウマイのはもちろん、特筆すべきは脂身のウマさ。

ふだん脂身なんて、皿のハジっこによけてしまうのだが、
この脂身は、パンで皿を拭きとってでも食べたい。

ギトギトや、臭みがなく、
サラッとしていて、歯ごたえと旨みがある。
脂身だけでも、ひとつの食材として成り立っているのだ。

実際、あんまり脂が美味しいので、
ちょっとおすそ分けしてもらって帰り、
脂身カレーを作ってふるまったら、
あっという間に売り切れてしまうほど大好評であった。

こんなにジューシィなのに、
どれだけ食べても、全然胃がもたれない。
普通の人が、厚切りステーキをペロリペロリと食べれてしまう。
こんな肉は、市場ではなかなかお目にかかれない。

以来、時々ご近所のお客さまに声をかけては、
いっしょに注文しているのだが、

初めて食べた方は必ず、
「ほんとに、美味しかったです!また絶対お願いします!」
と、おっしゃる。

うっかり声をかけ忘れると、
「え〜?!ショック!!なんか、切れ端でも残ってないんですか?」
と、恨まれる(笑)

というわけで、今回からブログでもお知らせします。

<愛知県の小原さんちの渥美マーブルポーク>

●バラブロック300g 555円
●ミンチ300g 345円
●ウィンナー(シソ・スモーク)各1袋400円

14日(木)午後着 です。
たぶんすぐになくなってしまうので、欲しい方はお早めにどうぞ!

ちなみに、肉に関しては特に、
一般人には知らされていないことばかりなので、
私は、国産とか、○○の地域産とか、○○さんが作ったとかいう
ブランドシールは、まったくアテにしていない。

生産者がどういう情熱を持って、肉づくりに取組んでいるか?
を、自分の目で見て、舌で味わって、
これは。と納得できたのが、小原さんの豚肉だったから、

ちょっと面倒でも、送料が700円くらいかかっても、
小原さんにお願いしている。

以前、テレビで、
「安くて安心して食べれるものなんて、作れるわけがない。」
という食品メーカーさんのコメントが紹介されていたが、
それは、本音だと思う。

1コ10円の卵。
100g98円の肉。
3パック88円の納豆。

価格だけ見たら、たしかに魅力的だ。

だけど、生産者と、流通させる人と、販売する人が、
それぞれに利益を取って、
この価格で、まともな物が手に入るわけないと思わない?

どこかで、手を抜いて、
どこかで、ウソじゃないけど、ちょっとズル。
みたいなことがなければ、ありえないだろう。

それが、人の健康に支障がないところでのズルなら
まだ許せる範囲だけど、

人の命や健康のことを犠牲にして
激安価格が成り立っているなら、
それは、本当にお買い得なのだろうか?

家計を預かる主婦としては、
今月ちょっとピンチという時には、
つい安いものに手が伸びてしまうこともあるけど、、、

基本は、長い目で見て、
家族がずっと健康でいられる食材を選ぶのが、
ほんとうのお買い得なんじゃないかな?と思う。

最近、食に関して疑ってしまうようなニュースが多いけど、
食べる人の健康だけを考えて、食材を作っている生産者は、
少ないけどいる。
しかも、日本という身近なところに。

そういう人たちは、
一般の農作物より、何倍ものお金と労力をかけている。
水について、土についての知識の深さも半端じゃない。
博士や教授クラスの人も、む〜と唸ってしまうほどだ。

人の健康に、自分の人生かけてるんです。

ただ、そういう情熱とロマンを持った生産者は、
大量生産できないがために、
大きな市場に卸すことができなくて、
全国のファンのために、地道に直売されているケースが多い。

私は、そういう生産者の食材を買うことで、
生産者を守りたい。

自分たち家族の命や健康を守ってもらう代わりに、
生産者が経営を続けられるよう、少しでも力になりたい。

私にとっては、家族の健康が何よりの幸せ。
だから、家族の健康を守ってくれる食材を作ってくださる生産者は、
何よりも大事な宝物。

いつも、私にはできない仕事をしてくださる生産者のみなさんに、
感謝の気持ちでいっぱいなのです。
| 安心・安全・ウマイ!お取り寄せ | 16:59 | - | - | - | - |