SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ありがとう生体院 Blog de column

目からウロコの健康法、
安心で美味しい食材情報、
人と環境にやさしい日用品の紹介、
子どもから学んだことなど、
お知らせしていきます。
<< 美味しいもの、ありマス。 | main | 北海道大豆100%の納豆、28日(水)に届きます。 >>
半分ベジタリアン生活のきっかけ。
肉も魚も食べるけど、基本は野菜中心の生活。
それを私は、半分ベジタリアン生活とよんでいる。

お肉が大好きな夫と、育ち盛りの子どもがいれば、
これくらいがちょうどいい。

もともと、ベジタリアンだったわけではない。
実家では、肉野菜炒めと焼き魚がいっしょに並ぶ食卓だったし、
ハンバーガーや牛丼も、よく食べた。

じゃあ、野菜生活に移行するきっかけはなんだったか?
というと、
それは間違いなく、妊娠中のツワリだ。

ツワリの時の感覚というのは、尋常ではない。
そして、ある意味、尋常だと思う。

一般的にカラダによくないといわれる食べものは、
まったく受け付けなくなり、
食べものに対して、感覚がとても敏感になる。

あ〜あれ食べたい!と思うもの、体が求めるのは、
ご飯、味噌汁、梅干、納豆、塩。
そして、野菜の煮びたしにポン酢をかけただけのもの。

ザッツオール。

なんだ。
昔の日本人の食卓じゃないの。

時々、酸っぱいミカンや、リンゴなど、
季節の新鮮なフルーツも食べたくなる。
(現代の嗜好に合わせて、甘いだけに育てられたフルーツはNGだった)

ミカンなど、ミカン農家に電話して、
出荷前の青くて酸っぱいミカンをわざわざ送ってもらったほどだ。

食べられるものが減っていく中で私は、
「もしかしたらこれが、
ほんとうにカラダが求めている食生活なのかもしれない。。。」
と、感じ始めたのである。

そんなツワリを4回経験して、
今は、週に2〜3回は、肉や魚を食べる
半分ベジタリアン生活に落ち着いた。

食に詳しい人曰く、
「豚肉には、人間に必要なアミノ酸が含まれているんですよ」
とのことだった。

アミノ酸は、人間のカラダではつくれないから、
食べものから摂るしかない。

ということは、時々ムショウに肉が食べたくなるのも、
理にかなっているのでは?
と、私は考えている。

というか、そんなに難しく考えなくても、
カラダがその時に求めるものを食べれば、いいんじゃないかな。
という、ゆる〜りとしたやり方だ。

それから、食材を選ぶ時に大切にしているのは、
旬の新鮮なものを選ぶということ。

野菜や魚の方から、「たべてよ〜。おいしいよ〜」
とアピールしているのを、直感でキャッチするのである。

産地は、気にしない。
インスピレーションを大事にする。
直感まかせの真剣勝負。
なんだか、恋愛と似てる。

産地を気にしないのは、
農業の現場で働く人たちのウラ話を聞いているから。

業界では当たり前らしいのだけど、
長野で取れたリンゴが、青森産になったり・・・
というのは、よくあることらしい。

だから、なるべく地元で取れたもの。
という基準で選ぶのは、アテにならない気がしている。

国産。という基準も、あまりアテにならないと思う。

大豆は98%が輸入なのに、
あんなに国産大豆の、納豆や豆腐が出回ってるのはなんでだろう?
と、不思議に思うからだ。

北海道で大豆を作っている人を知っているが、
ふつうの大豆の4倍の値段で取引きされているらしい。

流通して、みんなの取り分も考えたら、
3パック98円の納豆には、ならないだろう。

実際、海外からの食品でも、
日本の港について、倉庫で保管したり・・・という工程があれば、
国産になってしまう(?)という話も聞く。

そんなわけで、
食品業界には、私たちには知らされてないことが
まだまだたくさんあるようなので、
私は、自分の直感がいちばん頼りになる。と思っているのだ。

もちろん、直感を養う努力も、ちょっとは必要。

これだ!と思うものを買って食べてみて、
やっぱりイマイチだった・・・という経験を重ねて、
いい男。いや、いい食材に出会えるのだと思う。

ほんとうに美味しいものを味わうには、
舌と、目を、肥やさなくちゃね。

とりあえずは、

ふだん食べているものが、ほんとうに美味しいのか?
ほんとうにカラダが求めているのか?

と、考えてみるのもいいかもしれない。

かく言う私も、
東京ひとり暮らしOL時代は、
残業、残業で、夕飯はファーストフードばかりだった。
お酒もタバコもやった。

カラダのことも、食べもののことも、
なんにも考えていなかったあの頃。
ただ、満腹になればいいや。と思っていた頃は、
イライラしがちで、気持ちも荒れていた気がする。

カラダをいたわる食生活を気にするようになってからは、
体調もいいし、心も穏やかだ。

ほんと言うと、怒ることもしょっちゅうあるけど、
怒りが長引かない感じがある。

カラダにも、心にも、私には心地いい。
それが、半分ベジタリアン生活なのだ。
| 半分ベジタリアンな食卓 | 07:20 | - | - | - | - |