SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ありがとう生体院 Blog de column

目からウロコの健康法、
安心で美味しい食材情報、
人と環境にやさしい日用品の紹介、
子どもから学んだことなど、
お知らせしていきます。
<< 『言葉の力を使って、体調を整えてみましょう』2007年5月1日メルマガより | main | 『自分が元気になる言葉を見つけよう』2007年5月9日メルマガより >>
仕事復帰までの道のり
4月から、1才の次女を託児所に預けている。

おっぱいと抱っこが大好きで、
両手を広げてよちよち歩いてきては、
あー!あー!(だっこして〜)とせがむ娘。

仕事に復帰しようと考えた時、

子どもが親とのふれあいをいちばん必要としている時に、
それを脇においてまでやるべきことなのか?
子育てがひと段落してからでも、遅くないのでは?
今でなければ・・・というのは、私の身勝手なんじゃないだろうか?

と、何度も迷った。

しかし、夫と二人で整体院を営む我が家では、
私が働かなければ、どうにもならない仕事が山積みだった。

結局、朝9時半〜夕方4時までという
なるべく短い時間で、子どもの生活リズムを乱さずに、
預けられる形を選んだ。

「5才と1才の娘たちが帰宅してからは、仕事はしない」
というルール。
いつも守れているわけではない。
時々、いや、しばしば、破ってしまって反省しきりだ。

でも、私は、自分が何のために働いているのか?という
目的だけは明確にしている。

仕事をする目的、それは、
家族と、みんなのしあわせのため。だ。

自分たち家族だけ幸せでもいけないし、
みんなの幸せを優先して、家族を犠牲にしてもいけない。

目的さえ明確なら、ブレることはない。
八方ふさがりのようになっても、別の手段を選べばいいだけだ。

今朝、デイケアセンターで働く年配の女性に言われた。

「あっという間よ。ほんとうに。
もう二度と取り返しがつかないのよ。」

何度となく、子育ての先輩から言われてきた言葉だが、
今朝はその言葉の重みがズシっときた。

目的がブレてないか?
と、問われているようだった。

私は、仕事を含め、生活することを楽しみたい。

プランターで実のなる野菜を育て、玄関に花を飾り、
家族が過ごすお家をいつもピカピカに磨いていたい。
パンも、ヨーグルトも、食べるものはみんな、
手間ひまかけて、愛情こめてつくったものを食べたい。

生きることは楽しい。

そんな母の背中を、子どもたちに見せることができたら。。。
それが、天から授かった愛しい我が子たちへ、
私ができる唯一のプレゼントだと思う。
| 笑っちゃう子育て日記 | 10:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

こんにちは。

はじめまして。

オフィス「朝子の部屋」代表の箱田朝子と言います。

「夢ある」が大好きで、こちらにも来させていただきました。

こどもって、作業的な関わりもそうですが、気持ちのうえのこと。

つまり、ただ、関心を寄せてくれているその視線たけでも、キャッチしていて、十分育っていくように思います。


「不安」からあれこれと手をかけすぎてしまうよりも、親子のご縁を「信頼」して、触れ合える時間に、肯定的な言葉がけでも十分です。


三佳さんの子供さんへの気持ち。ちゃんと伝わっていると思います。

お母さん自身の大らかな構え・・・が大切です。

頑張りましょうね。

(わたしも3人、子育て中です。)


| asakonoheya | 2007/07/16 11:05 AM |

朝子さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
3人のお子さんのママというだけで、尊敬の眼差しです。
ほんとうに、ママが大らかに笑っていることが、
子どもにとっていちばんの勇気になるでしょうね。
温かいメッセージに励まされました。
ありがとうございます!
| ありがとう生体院・みか | 2007/07/18 2:45 AM |










http://blog.ariga10seitai.net/trackback/353404