SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ありがとう生体院 Blog de column

目からウロコの健康法、
安心で美味しい食材情報、
人と環境にやさしい日用品の紹介、
子どもから学んだことなど、
お知らせしていきます。
<< お久しぶりです! | main | ソウイチローの行方 >>
何でもお見通し
保育園生活も2週間が過ぎました。

入園式当日に40度の高熱を出し、
スタートから大コケ(笑)だった我が家の子どもたちも、
ちょっとずつ新しい生活に慣れてきたようです。

が、朝は泣かれます。
毎朝ワンワン泣きながらのお別れです。

アンは、保育園が見えると、
だんだん笑顔がくずれて、フェーンと泣き始めます。
でも、泣きながらでも、
園に向かって歩いて行くんです。

「ママと はなれるのはイヤだけど、
わたしは ここにいくことに なってるんだ」
と、3才なりに納得してくれてるんですね。

そんな一生懸命な姿を見ると、
なんて健気なんだろう。ママ、がんばるからね。
と、涙が出そうになります。

今朝はアンに、
「アンちゃんは、なんで、
ママとバイバイすることに、なったの?」
と、聞かれてハッとしました。

そういえば、
アンがちゃんと納得したかどうか確認してなかった!
と気づきました。

「アンは、4月から保育園に行くんだよー」
「お友だちがいっぱいいて、楽しいよー」
と、自分に都合のいいことだけ言って、

「アンは、どう思う?どんな気持ち?」
って、アンの不安や心のモヤモヤを聞いてあげる努力すら
していなかったのです。

そんなことに今更気づくなんてごめんね。
ちゃんといろんなことが分かってるのに、
説明してあげなくてごめんね。
と、心から反省しました。

ほんとうにいつも驚かされるのは、
子どもたちは何でもお見通しということです。

ママが手を抜いていることも、
上の空になっていることも、
見抜いていながら、
しょうがないな。って付き合ってくれているんです。

気づけばいつも、
小さな子どもたちの優しさに甘えっぱなしの私。

どんなにバタバタの毎日でも、
1日1回は、「わたし、ママにあいされてるなー」
って感じてもらえるように、
子どもたちにしっかり目を向けていきたいと思います。
| 笑っちゃう子育て日記 | 11:17 | - | - | - | - |